以前、隣に住んでいた奥さんは果実酒を作るのが得意で、よくご馳走になりました。
果実はいちごだったりグレープフルーツだったりいろいろでした。中でもキウイフルーツの果実酒がとっても美味しかったのを覚えています。
果実酒は甘くて口当たりが良いのですが、アルコール度数が高いため直ぐに酔ってしまいます。
炭酸で割って飲んだ果実酒が美味しくてまた飲みたいなと時々思います。
しかしお互い引っ越してからその奥さんと会っていないので、奥さん手作りの果実酒は飲んでいません。
だったら自分で作れば良いのですが、即飲めない果実酒より即飲める発泡酒を買ってきて飲んだ方がいいやと思い、なかなか果実酒作りを実行に移せないのです。

春先、今度こそ自分で作ろうかなと思い、まずは梅酒からと思いスーパーで青梅を探したのですが高い。おまけに漬けてすぐ飲めないし、保管場所にも困る。
そしてホワイトリカーの成分があまり身体に良くないなどと、負のことしか思い当らなかったので結局やめました。

でも先日会社の同僚から「アルコール度数の高いお酒に果実を漬込まないと中身が傷むから、ホワイトリカーがイヤならブランデーがおススメ。ちょっと値段が高いけどね。美味しいよ」
確かに美味しそう。彼女によると、場所もとらないし、漬けて直ぐ飲めるとのこと。
いいですね。是非挑戦したい。漬けてから何か月も待つなんてイヤですもの。直ぐ飲めるのは魅力です。

何の果実を使おうかな?今の季節だったらやっぱリンゴだよね。柑橘系のお酒もいいなレモン?グレープフルーツ?ゆずはどうかな?それにキウイフルーツも。
でもブランデーってそれほどアルコール度数高くないですよね。ってことはあまり長い間漬込まず直ぐにのみましょうってことでしょうか。
1~2週間で飲みきれなかったら中の果実を出せばいいのかな?明日会社で同僚に教わればいいですね。とにかく作ってみよう。
出来上がったら炭酸で割って飲むと美味しいらしいです。楽しみだな。

いろいろ考えているとウキウキしてきます。さっそく近くの酒屋とスーパーに行ってこよう。そして100円ショップで密閉できる広口瓶も買わなくちゃ。
何種類か作ってみて報告しますね。今回はちゃんと実行に移します。ようやく果実酒が飲めそうです。それでは買い物に行ってきます。