私は高所恐怖症であるにも関わらず、飛行機に乗るのが非常に好きです。
なんでしょうね?
飛行機の離陸時なんて、子供みたいにワクワクしてしまいます。
観覧車やロープウェーは苦手なのに。
20代の頃は、年に2回は海外旅行をしないと気が済まないほどでした。
仕事が不定休だったので、長期休暇を旅行のピーク時と重ならないようにして取っていました。
海外旅行をするのも楽しみの一つでしたが、国際線に乗るのも楽しみでした。
特に、海外の会社の飛行機は、料理が楽しみで仕方がありませんでした。
英語は全く話せませんが…。
最近は、全く飛行機に乗らなくなりましたが、遠くに旅行に行くならやはり飛行機がいいです。
あのラグジュアリーな空間がたまりません!
と言っても、エコノミーしか乗ったことがありませんが(笑)。
それが、ここ数年は、LCCなどの格安飛行機が人気を博していますよね?
確かに、他の交通手段に比べると、飛行機は安くありません。
飛行場までの交通費も掛かるので、安いに越したことはないのです。
ただ、私には高くても乗りたいと思う理由があります。
例えエコノミーでも、他の交通手段に比べたらサービスは良いものです。
ドリンクや食事を飛行機という非日常の空間で取るのも、旅行の醍醐味だと思っています。
格安飛行機は、短時間の移動には適していると思うのですが、あの狭い席幅を考えると、2時間以上は難しいと思います。
だって、今まで最低限の幅であったエコノミーですら“エコノミー症候群”を引き起こすのですから、あれより狭いとなると座っていられないのではないでしょうか。
しかも、キャビンアテンダントの数も少ないので、いざという時に助けてもらえなさそうな気がするのです。
飛行機の安全性は保障されているようですが、やはり高くてもサービスは購入するものだと考えてしまいます。
何を必要としているのかは、人それぞれですけどね。