味噌ラーメン

私はラーメンが大好きです。ラーメンの種類も味噌、醤油、塩などいりいろありますが豚骨をベースにしたラーメンが一番好きです。あのコッテリ感がたまりません。
友人にも大のラーメン好きがいて、よくお店の情報交換をします。友人も豚骨醤油ラーメンが一番好きなようです。

そんな友人から「どうしても食べさせたいラーメンがあるから暇を作って」とメールが来ました。ラーメンに目のない私は即OKしました。そして土曜日のお昼くらいに友人とそのラーメン屋の最寄駅で待ち合わせしました。
友人に私が「これから行くラーメン屋はトンコツラーメンでしょう?」と質問しました。すると友人が「それが違うんだな。味噌ラーメンなんだな」と言いました。
私は少しがっかりしました。味噌ラーメンってそそらないなと感じていました。友人が私に「なんだ味噌ラーメンかってガッカリしているでしょう」と言いました。まったくそのとおりです。
でもせっかくここまで来たのだから味噌ラーメンだって食べなくちゃと思いました。友人はニヤっと笑うと歩き出しました。私はその後に続きます。5分位歩くと古い扉の前に5~6人並んでいる店がありました。そこが目指すラーメン屋さんです。
行列ができるほど美味しいのか、それともお昼時だから混んでいるのかは分かりませんが友人は「大丈夫。回転早いから直ぐに順番が来るよ」と言いました。友人が言ったように順番は直ぐにまわってきました。
さほど広くな店内でしたが。席数はそこそこありました。席に着くと他のメニューもあるのですが友人は私に確認せず味噌ラーメンを2つ注文しました。ラーメンを待っている間、友人がこんなことを言いました。
「この店は職場の先輩に教えてもらったんだ。わたしも最初はえ~!味噌ラーメン?って思ったんだけど一度食べたらヤミツキになっちゃった。だからラーメン仲間のアンタにも是非食べさせたくて誘ったんだ」。

味噌ラーメンがきました。細麺の上にラー油で敢えてあるネギと薄いチャーシューがのっています。私は麺を食べ、スープを飲みました。
確かに美味しいけど「すっごく美味しい」と感動するほどでもなく、友人が何故ヤミツキになったのか私には分かりませんでした。

しかし数日後、仕事中あの味噌ラーメンが突然食べたくなったのです。この時ばかりではありません。電車に乗っている時ボーっとしている時ふとした時にあの味噌ラーメンが食べたくなるのです。

そのラーメン屋は家から30分以上かかります。でもどうしても食べたくて次の休みにラーメン屋に向かいました。
娘も誘ったのですが「味噌ラーメン好きじゃないから行かない」と断られました。

ラーメン屋に着くと、やはりこの前と同じくらいの人数が並んでいました。私も列に加わり順番が来たので味噌ラーメンを注文しました。
ラーメンが来てすぐにスープを飲みました。これこれこの味。私は一気にラーメンを食べ店を出ると友人にメールしました。
「あの味噌ラーメン屋に来ました。じわりじわりと効いてきてヤミツキになってしまいました」と。

ジャイ子

ジャイ子というあだ名の中学生が近所に住んでいます。本名は知りません。話したこともありません。
近所のアパートの一室から中学校の制服を着て出てきて、友だちと歩いてるのを何度か見かけたことがあり、一緒に歩いていた子たちが「ジャイ子」と呼ぶのを聞いたことがあるといった程度の知り合いです。
こういう場合知り合いとは言わないですね。彼女も私を認識していないと思いますし。

このジャイ子、本当にドラえもんに登場するジャイ子にそっくりなのです。顔も体型も。それに友だちに「ジャイ子」と呼ばれてもイヤな顔もせず、ちゃんと返事をしていました。
「ジャイ子」って決して嬉しいニックネームではないですよね。男子がからかってそう呼ぶか、女子が陰でこっそり本人に知られないように呼んだりするニックネームではないのかな。
でもこのジャイ子は同性の友だちからも面と向かって「ジャイ子」と呼ばれていて、それに普通に返事しているしオマケに髪型までジャイ子と同じボブ。
ジャイ子はジャイ子であることを楽しんでいるようです。

今日仕事帰りに家の近所のコンビニに寄りました。そこには私服のジャイ子が友だち数人でいました。私は心の中で「あ!ジャイ子だ」と叫びました。
私服のジャイ子を見るのは初めてです。Gパンにチェックのシャツを羽織っていました。とても似合っていましたが、やっぱりジャイ子です。腕には少し大きめの紙袋を提げていました。
友だちと雑誌を立ち読みしながらキャキャ騒いでいました。雑誌が並んでいるラックの前はガラス張りで前の駐車場がよく見えます。

コンビニの自動ドアがが開くと女の子がジャイ子の側に息を切らせやって走り寄り「来た!来た!」と騒ぎ出しました。
するとジャイ子と一緒にいた女の子たちも口々に「ジャイ子頑張れ」とジャイ子の肩を叩き出します。ジャイ子は笑いながら大きく頷くと深呼吸をして、紙袋を抱えるようにしてコンビニを出て行きました。

いったい何がおきるのだろう?雑誌のラックの前に並びながら外を見つめるジャイ子の友だちに混じって私も外をみていました。ジャイ子がコンビニの駐車場へ出てきました。
そしておそらくジャイ子と同級生かと思われる男の子が歩い来ました。ジャイ子はその男の子に何か話しかけていますが何と言っているのかわかりません。
私もジャイ子の友だちもコンビニの中から黙って二人を見つめています。男子は見られていることに気付いていないようです。
ジャイ子は男の子に紙袋を差し出しました。男の子はニコニコしながらそれを受け取りました。そしてジャイ子の手には携帯が握られています。男の子も携帯を手に持っています。
それから少し言葉を交わし男の子はジャイ子に手を振ると歩き出しました。ジャイ子は私たちが見ているガラスに近寄ると笑顔でVサインを出しました。
すると友だちたちは歓声を上げコンビニを出てジャイ子のところへ走っていきました。ジャイ子は友だちにモミクチャにされていました。

真相はわかりませんが、今日、ジャイ子の好きな男の子の誕生日か何かでプレゼントを渡そうと彼が通る場所を友だちが事前リサーチしてくれていたのでしょう。
友だちの応援を受けプレゼントを渡しおそらくメールアドレスも交換できたのではないかと予想しています。

このジャイ子は「ジャイ子」と呼ばれてもクサルことなくいつも明るくて人気者のようです。ともだちにモミクチャにされニコニコと笑っているジャイ子はとてもチャーミングでした。

乾物様もやし様

給料日前になると多くなるメニューは乾物を使った料理ともやしを使った料理です。

乾物は日持ちするので常備しています。戻すと量も増えるし栄養価も高い。常備しておくと便利です。
そしてもやし。もやしは茹でても炒めても焼いても美味しいし栄養価も高く、何といっても安い!本当にお助け食材です。
もやしには栄養がないように思われがちですがビタミンCですとか疲労回復に効果あるアスパラギン酸など、他のもたくさんの栄養素を含んでいるのだそうです。

給料日前3日間我が家のメニューはこんな感じです。
一昨日「ひじきと干し椎茸の煮物」プラス食材は人参と油揚げ。「もやしの辛子マヨネーズ合え」ひじきの煮物が少し余ったから、あたたかいご飯に混ぜ、煮た油揚げの中に詰め「おいなりさん」にしてお弁当にしました。
昨日「切干大根のサラダ」プラス食材はツナ缶。「もやし炒め」プラス食材はニラと豚肉の切り落とし。
今日「春雨と干し椎茸のスープ」プラス食材玉ねぎ「車麩の卵とじ」プラス食材卵。「もやしのナムル」
もし焼肉のタレが家にあるのなら、あったかいご飯に焼肉のタレを混ぜ、その上にもやしナムルをのせると簡単貧乏ビビンバができます。美味しいですよ。でも今日は焼肉のタレがないからビビンバにはしません。
朝食は3日間とも乾燥わかめの味噌汁と海苔プラス前日の残り物で済ませました。

これで給料日前の3日間乗り切れます。本当に乾物様ともやし様のお蔭でひもじい思いをしなくてすみます。
あとはスイーツが欲しいな。どなたか乾物様で作る簡単スイーツのレシピをご存じないですか?
乾物様でなくとも、もやし様並みに安い食材で作る簡単スイーツのレシピが知りたいです。

安々スイーツが完成したら、お給料日前でもフルコース料理を食べることができます。でもどうしても自分で作れないものがあります。それはアルコール。
フルコースにはワインがつきもの。でも乾物やもやしからは作れません。給料日前なのに嗜好品を購入できる余裕はありません。お水で我慢しましょう。
お水だって高級ワインと思って飲めば、そう思えてくるものです…なんて思えませんよね。まあアルコール類は諦めて乾物様ともやし様に感謝しながらディナーをいただきましょう。

言葉が見つからない

会社の女の子でちょうど結婚適齢期のAさん。友だちの結婚式が目白押しで「ご祝儀貧乏になっちゃう」と嘆いていたから「あらAさんだってもう直ぐご祝儀を貰う立場になるんじゃないの?」と尋ねました。
Aさんには大学時代からお付き合いしている男性がいるのですが「私はまだ先です。長過ぎた春になっちゃうかもしれない」とポツリと呟きました。
何となくこれ以上突っ込んで聞いてはいけない気がして違う話題に話を変えました。

週明けAさんは3日間会社を休みました。休んだ理由は風邪で熱が下がらないとのことです。
そしてAさんが出社しました。同僚たちは皆Aさんの体調を気遣っていましたがAさんは「大丈夫です」と微笑むばかり。でも熱のせいか、まだ瞼が腫れているようでした。
「無理しないで。まだ熱があるんじゃないの?目が腫れぼったいよ」とAさんに言いました。するとAさん「ずっと泣いていたから」と小声で言いました。
またこれ以上突っ込んではいけないと思って話題を変えようとしたのですがAさんは「カレと別れました」と言い「でも大丈夫。いっぱい泣いたから」と続けました。
そういう時って何て声をかけて良いのか分からないですよね。私はただ「そうなんだ」としか言えませんでした。

勤務時間が終わり会社を出る前にトイレに寄りました。そこで手を洗っているとAさんが入ってきて彼との話をし出しました。歳の近い同僚より歳の離れた私の方が話しやすかったのでしょう。

友人の結婚式に出席した後、彼に会ったそうです。そして彼に今日の結婚式の話をしました。
その日出席した結婚式の新郎が新婦にしたプロポーズは二人で富士山に登った時です。二人とも登山は初めてだったけれど新郎が頂上でご来光をみられるようなプランを登山経験者に聞いて立て新婦をかばいながら富士山を登り、頂上でご来光を迎え「結婚しよう」とプロポーズしたとか。
そうしたらAさんの彼氏は「プロポーズするため綿密に計画を立てたんだな。でも俺には無理だ。俺まだ結婚する気ないし。お前もそろそろ歳だから、他にいい人探して幸せにしてもらいな。俺はお前を幸せにできないから」と言ったそうです。

最近ギクシャクしていたんでフラれる日は近いとは思っていたようです。私が「カレは結婚願望ない人なんだ。独身主義者なんだ?」ってAさんに聞くと「違います。私と結婚する気がないだけです。他に好きな人ができたようです。長く付き合っていれば分かります」
Aさんの瞳から涙がポロっと零れ落ちました。私はかける言葉を探すことができませんでした。こんな時、気の利いた言葉をかけてあげられない自分にガッカリしてしまいました。

とりあえず自分の話をしました。
お見合いパーティーに行き始めたこと、そこで出会った男性のこと。
笑い話も織り交ぜてとにかくマシンガントークです。

すると、彼女も少し笑ってくれて、少し嬉しかったです。
最後は、今度二人でお見合い行こう!と盛り上がって終わりました。

とにかく、Aさんの笑顔を見れたことは良かったです。
これからも、あまり落胆せずに前を向いていて欲しいです。

ようやく果実酒

以前、隣に住んでいた奥さんは果実酒を作るのが得意で、よくご馳走になりました。
果実はいちごだったりグレープフルーツだったりいろいろでした。中でもキウイフルーツの果実酒がとっても美味しかったのを覚えています。
果実酒は甘くて口当たりが良いのですが、アルコール度数が高いため直ぐに酔ってしまいます。
炭酸で割って飲んだ果実酒が美味しくてまた飲みたいなと時々思います。
しかしお互い引っ越してからその奥さんと会っていないので、奥さん手作りの果実酒は飲んでいません。
だったら自分で作れば良いのですが、即飲めない果実酒より即飲める発泡酒を買ってきて飲んだ方がいいやと思い、なかなか果実酒作りを実行に移せないのです。

春先、今度こそ自分で作ろうかなと思い、まずは梅酒からと思いスーパーで青梅を探したのですが高い。おまけに漬けてすぐ飲めないし、保管場所にも困る。
そしてホワイトリカーの成分があまり身体に良くないなどと、負のことしか思い当らなかったので結局やめました。

でも先日会社の同僚から「アルコール度数の高いお酒に果実を漬込まないと中身が傷むから、ホワイトリカーがイヤならブランデーがおススメ。ちょっと値段が高いけどね。美味しいよ」
確かに美味しそう。彼女によると、場所もとらないし、漬けて直ぐ飲めるとのこと。
いいですね。是非挑戦したい。漬けてから何か月も待つなんてイヤですもの。直ぐ飲めるのは魅力です。

何の果実を使おうかな?今の季節だったらやっぱリンゴだよね。柑橘系のお酒もいいなレモン?グレープフルーツ?ゆずはどうかな?それにキウイフルーツも。
でもブランデーってそれほどアルコール度数高くないですよね。ってことはあまり長い間漬込まず直ぐにのみましょうってことでしょうか。
1~2週間で飲みきれなかったら中の果実を出せばいいのかな?明日会社で同僚に教わればいいですね。とにかく作ってみよう。
出来上がったら炭酸で割って飲むと美味しいらしいです。楽しみだな。

いろいろ考えているとウキウキしてきます。さっそく近くの酒屋とスーパーに行ってこよう。そして100円ショップで密閉できる広口瓶も買わなくちゃ。
何種類か作ってみて報告しますね。今回はちゃんと実行に移します。ようやく果実酒が飲めそうです。それでは買い物に行ってきます。

気のお裾分け

知人が病気で入院しました。
友人とお見舞いに行ってきました。
お見舞いの帰り友人とお茶をしたのですが二人ともグッタリしてしまいました。知人の体調を考えて短時間で引き揚げてきたのですが…

「病院に行くと疲れるんだよね。診察してもらう時は自分の体調が悪いからグッタリするの分かるけれど、お見舞いで病院に来ても疲れるんだ」
私の言葉に友人も大きく頷いて「私もだよ。何故だろう?あとお通夜とかに参列すると具合が悪くなる」「私もお通夜に行った後、熱を出しちゃうことが多いんだ」
二人は気怠く頷き合いました。

だけど何故、病院に行くと疲れるのか?友人は壁の色のせいじゃないのかと言います。あの病院の無機質な白い壁が人を疲れさせるのではないかと。
でもそうだとしたら、入院している人や治療に来ている人は益々様態が悪くなると思うのだけれど。
余計なのこと考えると疲れが増してしまうので帰ることにしました。

家で湯船に浸かるとスーっと疲れが抜けていく感じがしました。生気が戻った感じ。
「そっか、病院で病気の人の「気」を被ってしまって生気が減り疲れるのかも」と一瞬思ったのですが、「だったら病院で働く医師や看護師はどうなるの?」と思い直しました。

お通夜で具合が悪くなるのは悲しみの「気」が充満していて、それにあたってしまうからじゃないのかと考えられますが、病院は何故疲れるのか、まったく分かりません。

お風呂から上がると知人からメールが入っていました。
病院では所定の場所でしか携帯をいじってはいけないそうです。所定の場所までわざわざ移動してメールを打ってくれたようです。
今日のお見舞いのお礼のメールでした。そのメールに「二人の元気な気を分けてもらったので自分も少し元気になったようです」という一文がありました。
そっか、そういうことか… 自分が元気な時、元気の気が足りない場所に行くと自分の知らずのうちに元気の気をお裾分けしているのかも。
そういう状態に慣れていないから、たまにそういうことすると疲れを感じるのだ。医師や看護師は毎日のことだから身体が慣れて何も感じないのではないか?
そんな結論に達しました。元気の気をお裾分けできるなら、いっぱいいっぱいお裾分けしたいな。

オ~ブンマジック!

近所にある田舎のスーパー。
自転車で行ける、唯一のこのスーパーは我が家の胃袋を支えています。

東京から今の地域に越しててきたときはそのショボさが衝撃的でした。
東京の下町では八百屋、豆腐屋、魚屋、肉屋が充実していましたし、
さらに、価格競争で質がいいのに安かった。
それが・・・とっても小さいスーパーひとつで肉も魚も野菜も買わなきゃいけないなんて。
あまりの違いに最初は戸惑ったのを覚えています。

でもね・・・今では自慢の我が町のスーパーです!
肉も魚も野菜も新鮮、東京ほど安くはないけど日替わりでお手頃価格になっています。
人柄もすっごく良い。
東京の下町も人柄は良かったけど、こっちも負けてない。
店長さんはいつもニコニコ。
いつも挨拶してくれて、常に新しい商品を取り入れていたり、
お店でも試食してから売っているようで「お勧め」にはコメントがついていたりします。
お店の好みと私の好みが合うのもまた有難く・・・
お菓子、菓子パン、新商品などの「お店のお勧め」はことごとく私のツボです(*^^)v

先日は、ステキな品を見つけました~☆
その名も「オーブンマジック!」、マギーさんの新商品です。
100円コーナーにあったので
思わず「ローストチキン」と「てりやきチキン」の2種類を買いました♪
調理中でーす。

肉と野菜をカットし、
添付のタレをつけ、付属の耐熱パウチにいれて200度で30分。
簡単に出来上がりました~!!
大皿にいっぱいのレタスと水菜を盛り、その上に盛り付けました。
家族にも大好評、これは我が家の忙しい日の定番になりそうです(*^_^*)

後日、ほかの店舗で見掛けると、190円で売られていました。
やっぱりスゴイ、我が町のスーパーはっ!!
これからもこのちっぽけなスーパーを愛し、お勧め商品にチャレンジしていきたいです。

夏痩せ

日本の四季っていいですよね。
季節の変化で景色も大きく変わりますし、いろいろな想いや風情を感じさせてくれます。
あなたはどの季節が好きですか?

私は夏かなぁ~。
過ごしやすいのは絶対に春なんだけど、でも「好き」とは違う。
夏は過ごしにくいけど好きなんです。
好きというよりは「血が騒ぐ」という方が合っているかもしれません。

夏になると、どんな風に血が騒ぐかというと・・・
薄着をしたくなる。
そして、めっちゃ動き回って大量に汗をかきたくなる。
そのあとに飲むビールを期待する。
汗をいっぱいかきながらグッタリするくらい寝まくりたい。

ま、もしかすると、単なるビール好きかもしれませんが(^^ゞ
でも、本当にそうかもね。
夏になり、こんな生活をしていると、確実に夏痩せしていきます。
もともと野菜が好きなんだけど、夏にはもっと野菜を食べたくなります。
ビールと、肴に野菜をふんだんに使ったものばかり食べます。
健康でいいんじゃないか?と一見は思うんだけど、野菜ばっかり食べてしまう。
気づかって豆腐とかタンパク質もとるんだけどね、やっぱり足りないみたい。
分かっているのにきちんと出来ない、そんな夏の自分はちょっと反省です(>_<)

とは言え、やっぱり夏の野菜の話しをしちゃう私。
先日、ルッコラのタネを撒きました。
撒いたという言葉は本当にその通りで、地面にそのままタネをばら撒きました。
土もかぶせなかったけど、ちゃんと芽が出てきたよ♪

かぶせている網は、鳥除けでーす。
鳥ってちゃんと見ていて、出てきた芽をすぐについばんでしまうんですよ。

ルッコラって、ちょっと辛味があるんだけど凄く美味しいよね。
トマトとチーズのカプレーゼにちょっと混ぜるだけで味にアクセントがつきます。
おまけに彩りもアップするし♪

夏痩せに負けず、今年も夏を楽しんでいまーす。
皆さんも夏痩せ、夏バテせず、元気な夏をお過ごしくださいね!

先日、友人が商標登録について困っていました。
商標登録.nameというサイトがあるのですがオススメだよと彼に薦めました。
参考になればいいのですが…。

飛行機について

私は高所恐怖症であるにも関わらず、飛行機に乗るのが非常に好きです。
なんでしょうね?
飛行機の離陸時なんて、子供みたいにワクワクしてしまいます。
観覧車やロープウェーは苦手なのに。
20代の頃は、年に2回は海外旅行をしないと気が済まないほどでした。
仕事が不定休だったので、長期休暇を旅行のピーク時と重ならないようにして取っていました。
海外旅行をするのも楽しみの一つでしたが、国際線に乗るのも楽しみでした。
特に、海外の会社の飛行機は、料理が楽しみで仕方がありませんでした。
英語は全く話せませんが…。
最近は、全く飛行機に乗らなくなりましたが、遠くに旅行に行くならやはり飛行機がいいです。
あのラグジュアリーな空間がたまりません!
と言っても、エコノミーしか乗ったことがありませんが(笑)。
それが、ここ数年は、LCCなどの格安飛行機が人気を博していますよね?
確かに、他の交通手段に比べると、飛行機は安くありません。
飛行場までの交通費も掛かるので、安いに越したことはないのです。
ただ、私には高くても乗りたいと思う理由があります。
例えエコノミーでも、他の交通手段に比べたらサービスは良いものです。
ドリンクや食事を飛行機という非日常の空間で取るのも、旅行の醍醐味だと思っています。
格安飛行機は、短時間の移動には適していると思うのですが、あの狭い席幅を考えると、2時間以上は難しいと思います。
だって、今まで最低限の幅であったエコノミーですら“エコノミー症候群”を引き起こすのですから、あれより狭いとなると座っていられないのではないでしょうか。
しかも、キャビンアテンダントの数も少ないので、いざという時に助けてもらえなさそうな気がするのです。
飛行機の安全性は保障されているようですが、やはり高くてもサービスは購入するものだと考えてしまいます。
何を必要としているのかは、人それぞれですけどね。

ちらかってばっかり

通っているイギリスの語学学校の友人との話のネタに、デジカメのメモリーに会った私の自宅の写真をみせたことがあります。その写真は私の部屋の勉強スペースとも言うべき場所のものですが、もうあり得ないくらい散らかっています。友人たちは特に気にすることなく次の写真を見たがっていましたが、私はかなり落ち込んでいました。

高校時代に使っていた家庭科の教科書に、世界各国の家族が家の中のモノを全て庭に持ち込んだ写真がありました。日本の過程の写真はそのまま日本社会を表しているようでした。にこにこ笑う一家の周囲を気持ち悪いくらい沢山のものが取り囲んでいる。モノに埋もれているという表現がぴったりの何とも言えない写真でした。

教科書の写真と自分の部屋の写真は非常に似ています。モノが多いだけでなく片付けていないということがありますが、それ以上に満たされすぎて飽和状態を越えているように思えます。人からもらったものもかなり多いですが、自分の手元から離すことを考えなくていけないような気がします。日々の生活がなぜこんなに複雑で疲労にまみれているのか。汚い自分の部屋を見ると旅行の準備をするときと気持ちがシンクロします。

誰かが飢えで喘いでいる時、わたしは生活の複雑さに気が滅入っている。不可思議な子の世界があまりにも簡単な仕掛けで作られているのだとしたら、その原因の一つは間違いなく部屋を汚す様々なモノ。捨てることだけでは無駄になるものでも、工夫次第でいくらでも必要な人の手に届くかもしれない。それは可能性に過ぎないけれど、部屋に打ち捨てられたモノが大切にされる希望であり、誰かを救う希望であるということに気が付くはずです。

そういえば、5年前くらいに祖父が亡くなった時のことですが、
1人暮らしの部屋は見事に片付いていました。
そして、磨かれた机の上に一通の遺言書が置かれていたのを覚えています。
人として尊敬していた祖父。
シンプルに生きたいものです。